ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ これより過去の評はありません。

立ち読みの途中突然かなしくて書棚に縋って泣きたくなりぬ
水野ふみ (『京大短歌』 12号)
何とはなしになきたくなるときがある。
でも、実際に泣けることはない。泣きたいような心持ちが胸の中でたゆたっよるべを失う。
そんなとき、この歌が口をついて出る。
この歌を口にすることで、やりばのない重いの行き先を見つけたような気になる。
人は一人ではなかなか泣けないものなのかもしれない。
作中主体にとっては書棚、私にとってはこの歌。
どこかに気持ちを解き放つよりどころがあるのは幸運なことだろう。
評:松島綾子 (2002/06/01)

お問い合わせ サイトマップ