ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

どの恋人もココアはバンホーテンを買いあたしの冬には出口がない
雪舟えま (『かばん』 2002年12月号)
すぐれたアートは時を止める。
たとえばある種の音楽を聴いているとき(ミスチルの「抱きしめたい」など)、
通常と逆のコード進行に出くわすと、音楽のなかの時間がさかさまに流れ出し、
それにつられて、現実の時間もふと止まってしまったかのような錯覚を覚える。
第二句と三句が長音「ー」でつながれているために、
読みのスピードは知らず加速し、そのまま結句の字足らずによって、
読者は冬の迷宮に誘い込まれる。
その世界の中心に、ココアが濃密で鈍重なものに異化され、置かれている。
このようなテクニック面の分析もできるけれど、
さして有意義なこととは思えない。感動は深まらない。
上の作品を一読して判る、一瞬、息がつまるような風圧。あるいは、切れ味。
それがなければ、短歌という詩形を選んだ意味がないと、
歌歴の浅いぼく(三ヶ月ていど)は考えている。
出典は短歌同人誌「かばん」2002年12月号。
(初出は2002年の「かばん」恒例新春題詠「ココア」とか。)
作者は「手紙魔まみ」のモデル(と想われる女性)。
評:下里友浩 (2004/05/01)

お問い合わせ サイトマップ