ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

くれなゐのだりあのかたへいやふかき紅に咲く大輪だりあ
岡本かの子 (『浴身』)
夏のおわりに咲く、もっとも色の濃い花がダリアである。
一輪のダリアの紅色、そしてそれに連なって咲くさらに一輪のダリア。
推敲の跡を感じさせず、無防備とも思えるこの三十一音には、
読む者を作者の描き出す景につなぎとめるというよりはむしろ
景の外へと誘い出すような効果がある。
視覚の世界から、視覚が意味をなさないエネルギーだけの世界へ。
花の形が消え、色が消え、生命力のようなものだけが残る、
その一瞬を楽しみたい。
評:觜本なつめ (2004/09/01)

お問い合わせ サイトマップ