ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

でも君の背後にいつも窓はあり咲いているその花の名は何
錦見映理子 (『ガーデニア・ガーデン』(本阿弥書店:2003))
始まりの『でも』という言葉は何にかかっているのかと思う。
今、君がここにいるという事実だろうかと思う。
今確かに君はここに、わたしの前にいるのだけれど、
窓がある以上、君はいつだって飛び立つことができる。
もし君が飛び立つとしたら、君は何という名の花へと向かっていくのだろうか。
その名を知ったところで、わたしにはその花を摘むことなどできないのであろうが、
それでも、せめて名前だけでも知りたいのだろうか。
評:香山凛志 (2004/11/19)

お問い合わせ サイトマップ