ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

枝高き並木の奥に今日もまた戸が開いている寮の入口
西之原一貴 (『京大短歌』 13号)
手入れをされずのびきった並木の枝々が、大時代的な男子寮の建物の独特な雰囲気を醸しだす。
あけ放たれた入口の扉は寮生の開放的な性情を思わせ、通り過ぎるものを自由の志向へといざなう。
それは「自由」こそ同時代に生きる若者として共有すべき感覚であるという<無意識>の表面化をも促すのだが、しかし、作中主体はその「自由」を手放しに受け容れる<無意識>に反発し、あくまで理知的な態度を崩さない。ともすれば「自由に」生きることを強制されがちな現代への痛烈な批判が、距離をもった描写として表現されているのである。
評:小島一記 (2002/08/01)

お問い合わせ サイトマップ