ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

雉食へばましてしのばゆた娶りあかあかと冬も半裸のピカソ
猖榾雄 (緑色研究)
第五歌集の巻頭歌。
「娶る」とは、猖椶亮舁廚淵皀繊璽佞里劼箸弔世、

 水球ウォーター・ポロの青年栗色に潜れり 娶らざりし da Vinch
 光る針魚さよりより食ふ、父めとらざりせばさはやかにわれ

「娶らざる」神聖さが、「われ」ときびしく対置されて詠われることが多かった。しかし掲出歌においては、そのどちらにも属さない、(正式に結婚したのは二度とはいえ)生前おおくの女性と愛し合ったパブロ・ピカソが描かれている。なぜか。

(#この歌集には、猖椶自註をほどこした「緑珠玲瓏館」という本が別にあり、そのなかに「私はピカソが嫌ひである。(中略)にも拘らず圧倒される。」という記述がみられる。)

「緑色研究」とは、猖椶慮斥佞鮗擇蠅譴弌崙爾寮犬猯仞弔痢∩やかに暗い毒の本質を通して、人の内なる本質を探らうと」してつけられた標題だが、このピカソはあきらかに、毒どころか、「あかあかと」した生のひかりに満ちている。
「明かし」と「赤」は語源を同じくするのは、いうまでもない。
みずからの「緑」からなる「萬緑叢中」の世界のはじめに、猖椶亙篆Г箸靴討痢崟屐廚鮹屬い燭里任△襦自解にあるように、茂吉の「赤光」が意識されている。

雄の雉は首から下は暗緑色だが、頭は赤い。それを「食ふ」というのだから、猖椶僚蘰鷆腓砲海瓩唇嫂泙鰐晴だろう。なお一首は、山上憶良の「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばましてしぬはゆ」から意匠を借りている。
評:下里友浩 (2006/04/22)

お問い合わせ サイトマップ