ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

固きカラーに擦れし咽喉輪のくれなゐのさらばとは永久とはに男のことば
猖榾雄 (感幻樂)
猖椶箸蓮∋犖紊砲靴見えたことがない。
昨年二〇〇五年の六月九日に、猖椶枠十四歳で他界した。僕は場違いを承知で葬儀の場へ足を運んだ。その日は月曜日、大阪の空はうすく曇っていてた。
福島泰樹氏が、弔辞の最後に絶唱したのが、掲出歌である。

弔辞のなかで、福島氏は、「少女死するまで炎天の縄跳びのみづからの圓驅けぬけられぬ/『日本人霊歌』」を引きながら、縄跳びという「短歌定型」の桎梏から逃れられない歌人の宿命を述べた。

「固きカラー」も疑いなく、定型詩の枷の謂いであろう。その「咽喉輪」の軛を肯定するにも、また、「くれなゐ」という詩語によるほかなかった。詩は詩であることによってしか救われないのだろう。

猖椶睚‥膸瓩癲男のダンディズムなど信じてはいまい。あるのはただ、歌人としてのダンディズム。「さらば」とは、なにに対して向けられた言葉だったのか。別れを告げることなど、はたして人間にできるのだろうか?

「好きであるがゆえに歌に疲れることが、誰にでもあると思う。」とは、2005/10/20付の一首評者、光森裕樹会員のいみじき言葉だが、短歌を呪うほどに愛さなければならなかった猖椶料曚い凌爾気髻∨佑呂燭請杼するのみである。

掲出歌は、猖椶虜嚢盞羣遒箸良床舛發おい、第六歌集の巻頭歌。
評:下里友浩 (2006/04/29)

お問い合わせ サイトマップ