ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

遠いドアひらけば真夏 沈みゆく思ひのためにする黙秘あり
澤村斉美 (「黙秘の庭」)
「沈みゆく思ひ」の反対は、「思い浮かぶ」発話のいくつか。

 われの知る父より父は遁れつつメーデーのけふ声の笑まふも
 ベランダに鴉の赤い口腔が見えたりけふは休みの上司
 日の道は光の休むところなりしづかな声をそのまま行かす

父の声。カラスの声。あるいは、誰のものともわからない声。発話のかげには、無数のおもいが隠れている。いくつもの発話に取り囲まれた「わたし」は、「黙秘」というスタイルをとりながら、そんな外界の発話の奥にあるものにも、感情を寄せているようだ。

おもえば短歌の一首とは、いま、わたしにできる、最大限の声なき発話であるだろう。そして、掲出歌は、その一首のかげにある、とても大きなものの存在を詠いえた歌として、記憶されるべきではないか。


なお、「〜ひらけば真夏」の「ば」は、已然形につく確定条件ととりたい。

 海の青はつめたいだらうスカートに伝はる海の声を聞きゐる

掲出歌の直後におかれた、「黙秘の庭」の悼尾をかざる歌。
ひかりの季節にあって、作者はなお、思いを沈ませ、海の声に耳をすませる。
評:下里友浩 (2006/11/01)

お問い合わせ サイトマップ