ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

たっぷりのドレッシングの照り返しだけがすべてを愛してくれる
東郷真波 (連作『発泡ひこうき』)
短歌ってなんなんだ、と心細くおもう日がある。
わからないことだらけだ、と途方にくれる日がある。
そういう日の隙間に、この歌はするりとすべりこんでくる。

「照り返し」はもちろんだが「たっぷり」という言葉がいいな、と思う。
たっぷりのコーヒー、たっぷりの日差し、たっぷりの雪。たっぷりの、ドレッシング。
「ありったけ」のような押し付けがましさはないけれど、「いっぱい」よりもぬくもりがある。
両手で抱くとほっとするような温かさと、潤いを帯びた言葉だ。

主体は、他の一切について希望をもつことをあきらめたのだろうか。
表にこそ出さないけれど、根底では人間に絶望しているのかもしれない。
けれどそこに悲壮感がないのは、歌全体の語感のやわらかさと、
「照り返し」に「救い」を見出すことができるからではないだろうか。
眩しくもなく、しかし暗くもない、見落としがちな光。照り返し。
一筋でも、一滴でも「救い」を見出すことで
またそれがささやかであればあるほど、歌はより輝きを増すように思う。

物覚えは悪いほうなのだけれど、
この歌は一読しただけで、おぼえてしまった。
体の中にすとん、とおさまる音が聞こえ、
それ以来、わたしの肩に、背中に寄り添い
目を閉じれば、まぶたの裏にまでじんわりと染み出してくる一首となっている。
評:川瀬春奈 (2007/02/01)

お問い合わせ サイトマップ