ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
一首評の記録
前へ 一首評リストへ 次へ

栄光は死後にゆつくりと訪れて夕ぐれに咲く花の大きさ
岡井隆 (『大洪水の前の晴天』)
 「死後の栄光」について、今年は多くの人が考えたのではないだろうか?
 ゆっくりと、瞼を開けるような時間の流れを感じる。しかし、その先には「過去」が佇んでいるだけである。「過去」は微動だにせず、周囲だけが変化する。
 瞼を閉じる前に「花」に触れることが出来れば、より大きな花を見ることが出来るのではないか・・・と感じたのは私だけではないはずである。
評:矢頭由衣 (2009/11/01)

お問い合わせ サイトマップ