ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
研究会の記録
前へ 歌会リストへ 次へ

2017年05月04日(木)
OBOGの方が来てくださったのでゲリラ歌会を行いました。題詠も行ってみました。
噴水をめざして歩く目や耳が噴水そのものになってゆく /阿波野巧也


朱に沈む墓のかろきを知らぬのにデンドロビウムを供えたる人 /金山仁美




題詠:助詞「は」「と」「も」


五千円もしたわけです。ってぱたぱたとスニーカー踏みならすあなたは /濱田友郎


新緑はきみの町にもあるけれど今しばらくをきみと眺めた /阿波野巧也


いろはすは今日も明日もいろはすでどうにか存在している 水と /金山仁美

  • このページに掲載の歌稿は、作者の許可のもとで掲載しています。
  • このページに掲載の歌稿は、通常の歌会等における詠草と同じ権利のもと「一切の短歌メディアに対して未発表扱い」です。ご注意ください。
  • 転載・引用を希望される場合は、「お問い合せ」より連絡下さい。作者の意向を尊重し、その都度対応を決定致します。

お問い合わせ サイトマップ