ホーム 京大短歌について 歌会の記録 研究会の記録 一首評の記録 掲示板 リンク集
研究会の記録
前へ 歌会リストへ 次へ

2017年10月20日(金)
今日はほかの歌会と被るなどして参加者が少なかったです。
蚊一匹闇に潰えて遠くよりサイレンの来るしずかな零時 /石本森羅


風はやみめくり捲らるる機関紙よ 川は水滴の連続である /寺山雄介


気がつけば器は倒れ白色のつくえに広がるたまごスープが /西川すみれ



題詠「時」

太陽の時針となりし少年の遠く入道雲が沸きたつ /寺山雄介

  • このページに掲載の歌稿は、作者の許可のもとで掲載しています。
  • このページに掲載の歌稿は、通常の歌会等における詠草と同じ権利のもと「一切の短歌メディアに対して未発表扱い」です。ご注意ください。
  • 転載・引用を希望される場合は、「お問い合せ」より連絡下さい。作者の意向を尊重し、その都度対応を決定致します。

お問い合わせ サイトマップ