『京大短歌』27号の目次・内容記録

京大短歌 27号:表紙
京大短歌 27号:背表紙

奥付などの情報

  • 名称: 京大短歌 通巻27号
  • 発行日: 令和4年3月31日(2022年3月31日)
  • 編集発行人: 京大短歌
  • 奥付欄氏名: 大津瑞貴
  • 表紙デザイン: 雪野菜帆
  • 編集: 穂波、小野りた、こじか、齊藤ゆずか、福田紗菜、雪野菜帆、武田歩
  • 印刷: しまや出版
  • 頒価: 700円
  • ページ数: 168ページ
  • 判型: A5版

目次・内容の情報

巻頭エッセイ

  • 小野りた(P.2-3)

目次(P.4-7)

作品 短歌15首・エッセイ(P.8-85)

  • 弓形工藤鈴音(P.8-9)
  • デザイン武田歩(P.10-11)
  • Night Cruising奥村鼓太郎(P.12-13)
  • wantの語源小野りた(P.14-15)
  • なつのおもひで齊藤ゆずか(P.16-17)
  • Conventional animals舘野まひろ(P.18-19)
  • 楽園月隠いち(P.20-21)
  • プラスチックの夜真中遥道(P.22-25)
  • 重陽の夜三舟月子(P.26-27)
  • 晴れ間をのぞむ雪野菜帆(P.28-29)
  • From Heart To Heart今紺しだ(P.30-31)
  • やわらかな光小宮ひさ(P.32-33)
  • ホールケーキ穂波(P.34-35)
  • Dis/enchanted山田十二階(P.36-39)
  • 熊野寮の気配渡辺理香(P.40-41)
  • ラカン派の歌坂梨誠治(P.42-43)
  • シースルー石村まい(P.44-45)
  • あめのきさき西川すみれ(P.46-47)
  • ふれる北村早紀(P.48-49)
  • 進捗報告中澤詩風(P.50-51)
  • いなくてもいい田島千捺(P.52-53)
  • apologize安田茜(P.54-55)
  • ガラス戸牛尾今日子(P.56-57)
  • スローダウン阿波野巧也(P.58-59)
  • 万年橋爪志保(P.60-61)
  • 春は繭松尾唯花(P.62-63)
  • outtake廣野翔一(P.64-65)
  • 暗き塔藪内亮輔(P.66-67)
  • 水圧大森静佳(P.68-69)
  • しばらく飽きるまで歩く三潴忠典(P.70-71)
  • リクエスト土岐友浩(P.72-73)
  • 陰膳中島裕介(P.74-75)
  • パンツ棚木恒寿(P.76-77)
  • 鬱の総延長を永田淳(P.78-79)
  • ここに呼ばれた黒瀬珂瀾(P.80-81)
  • かんかん遠い林和清(P.82-83)
  • 枯草の香島田幸典(P.84-85)

企画 座談会「昨年を振り返って」(P.86-116)

  • 企画概要穂波(P.86)
  • 詠草一覧(P.87)
  • 座談会本文今紺しだ、真中遥道、雪野菜帆、福田紗菜、小野りた、武田歩、穂波(P.88-116)

企画 贈る歌

  • 齊藤ゆずか、福田紗菜、今紺しだ、雪野菜帆、穂波、真中遥道、こじか(P.117-122)

企画 短歌の花束(P.123-127)

一首評

  • 穂波、今紺しだ(P.128-129)

企画 座談会「昨年を振り返って」

  • 穂波さんと私と京大短歌小野りた(P.130-135)

評論(P.136-161)

  • 作中主体のアバター化について奥村鼓太郎(P.136-147)
  • 批評性に関する一考察開かれた歌会のために山田十二階(P.148-161)

前号評

  • 自らの成長記録として 〜「京大短歌」二十六号・作品評〜田中ましろ(P.162-167)

編集後記

  • 穂波(P.168)

奥付(P.168)


誤植・訂正情報

  • 京大短歌27号の作成過程において、原稿のやり取りのミスがあり、提出された後藤英治さんの作品が誌面に掲載できておりませんでした。大変申し訳ございませんでした。