歌会の記録:2022年4月27日(水)

歌会コメント

平日夜の開催で、11首の詠草が集まりました。多数の新入生が参加し、和やかな会となりました。

詠草

色がなきゃ大事にできない手爪先(てづまさき) 齧り付こうとして、やめる。/山岸結衣

寝ているかもたれているか曖昧な角度で土手に押し返される/武田歩

恋多き同じ名前のペンギンと語り合いたいくらいに陽気/小野りた

桜花散るも散らぬもシュレディンガー今この瞬間(とき)を生きてゆくのみ/岡鷹男
会員限定詠草があります)
  • このページに掲載の歌稿は、作者の許可のもとで掲載しています。
  • 転載などを希望される場合には、京大短歌会のメールアドレスあるいは「お問い合わせ」より連絡ください。作者の意向を確認し、その都度対応を決定してご返信いたします。