『京大短歌』9号の目次・内容記録

京大短歌 9号:表紙
京大短歌 9号:背表紙

奥付などの情報

  • 名称: 京大短歌 第九号
  • 発行日: 平成10年7月8日(1998年7月8日)
  • 編集発行人: 京大短歌会
  • 編集長: 永田紅
  • 印刷: 創栄図書印刷株式会社
  • 頒価: 500円
  • ページ数: 50ページ
  • 判型: A4版

目次・内容の情報

目次(P.-)

巻頭エッセイ

  • 福良真里(P.1)

作品 短歌15首・エッセイ(P.2-37)

  • 砂底(さてい)の諧謔松本隆義(P.2-3)
  • 雨の色を問えば上田茜(P.4-5)
  • 葉緑素増す頃塚田あゆみ(P.6-7)
  • 新芽日山順子(P.8-9)
  • だらだらと福良真里(P.10-11)
  • あざみうま水野ふみ(P.12-13)
  • シュークリーム宮川ダイスケ(P.14-15)
  • 春暁森雅紀(P.16-17)
  • 3cm(センチ)の未来山内頌子(P.18-19)
  • 晴れすぎた空城ノ戸和代(P.20-21)
  • 三弦末松幸弘(P.22-23)
  • 厨房奇譚田中あろう(P.24-25)
  • ひつじぐも永田紅(P.26-27)
  • タイムカプセル森山順子(P.28-29)
  • 春から秋への風景棚木恒寿(P.30-31)
  • ソナタ「夏のシラブル」島田幸典(P.32-33)
  • 深き暗闇田中雅子(P.34-35)
  • 夜汽車と裸婦永田和宏(P.36)
  • 神島あるいは、歌島安森敏隆(P.37)

OB・OG歌集評(P.38-41)

  • 梅内美華子歌集『横断歩道(ゼブラ・ゾーン)』を読む水野ふみ(P.38)
  • 吉川宏志歌集『青蟬』書評田中あろう(P.39-40)
  • 前田康子歌集『ねむそうな木』の魅力山内頌子(P.41)

評論

  • 短歌と読者との接点 −−会話体と三人称から見た虚構の可能性永田紅(P.42-49)

編集後記

  • 永田紅(P.50)

奥付(P.50)

訂正紙(別紙)


誤植・訂正情報

  • P.22 末松幸弘作品15首目の「馼菓子屋」は「駄菓子屋」の誤りです。
  • P.40 田中あろう評論7行目の「こんなものできるぞ」は「こんなのもできるぞ」の誤りです。
  • P.48 永田紅評論5行目の「視点」は「始点」の誤りです。